ホーム | メルマガ登録・詳細 | このブログについて | 独立起業ビジネスブログ日記 | メルマガ広告掲載のお問合せ

★知っているだけで、十分ですか?
 このブログは、メルマガ「知識をチカラに!」のバックナンバーブログです。
▼詳しくは→「知識をチカラに!」 ↓情報・知識を活かしたい方は、ご登録を!
 

【メルマガ登録】 (無料)


(マガジンID:0000139905)    

メールアドレス:

 ▼詳しくは→「知識をチカラに!」 Powered by まぐまぐ



 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  | All pages

『ブラックスワンの経営学』井上達彦


 ⇒『ブラックスワンの経営学』井上達彦
   http://www.bizpnet.com/book/2014/09/blakei.html
  『ブラックスワンの経営学』井上達彦

-----------------------------------

■ブラックスワン

 「ブラックスワン」とは、あり得ないと思っていたことの例えのような
 ものです。

 本書では、経営において、そんなことはあり得ないというようなことを
 経営学の論文から紹介しています。


▼ ここに注目 ▼

 「事例研究には、統計学的研究にはない素晴らしい力があります。たった
  1つの事例であっても、そこには次のような力が宿ります。

  1 人間の知性を活発にする力(思考力や観察力との親和性)
  2 複雑な現象に対応する力(因果関係を読み解く力)
  3 「アナロジー・ベース」で将来を切り開く力(前例が少なくても
    有効な仮説を導く)」(p.9)


■事例研究の力

 本書では、事例研究について取り上げて、解説されています。

 事例研究からどういうことが得られるのか。

 上記の3つのようなことが得られるということです。

 このためには、読み解く力が必要ということがわかります。

 事例から、どのようなことを学び取るか。

 そういう力の大切さを感じました。


▼取り入れたいと思ったこと

 事例から何を学ぶか。

 それは、学び手によるところも大きいでしょう。

 本を読むこと、情報から学ぶこと。

 これも同じようなところがあると思います。

 意識すると良い点について書かれています。取り入れたいと思います。


■ブラックスワンの経営学

 『模倣の経営学―偉大なる会社はマネから生まれる』の著者、井上達彦氏
 が、事例研究から、経営を学ぶということをテーマに書かれています。

 経営、ビジネスの事例研究から学んで、経営にどうやって活かすか。

 このようなことを知りたい方が読まれると、参考になると思います。

-----------------------------------

 ▼ あわせて読みたい ▼

  『模倣の経営学―偉大なる会社はマネから生まれる』
   http://www.bizpnet.com/book/2012/05/mokei.html
  


 ▼ おすすめ度 ▼

   ★★★★☆

   『模倣の経営学―偉大なる会社はマネから生まれる』の著者、
   井上達彦氏が、事例研究から、経営を学ぶということをテーマに
   書かれています。
   事例研究から学んで、経営にどうやって活かすか。
   このようなことを知りたい方が読まれると、参考になると思います。

 ▼ おすすめしたい方 ▼

   事例研究から学びたい方。
   経営者。


 ★『ブラックスワンの経営学』井上達彦
   http://www.bizpnet.com/book/2014/09/blakei.html
  『ブラックスワンの経営学』井上達彦


Warning: include(/virtual/bizpnet2/public_html/konna.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/kobatano/bizpnet.com/public_html/tikara/category/cat_128.php on line 1124

Warning: include(): Failed opening '/virtual/bizpnet2/public_html/konna.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.2.20/data/pear') in /home/kobatano/bizpnet.com/public_html/tikara/category/cat_128.php on line 1124


★【今日の「本をチカラに!」】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇  事例研究には、統計学的研究にはない素晴らしい力があります

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ ⇒ 事例研究を、どうやって活かすか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年9月24日 20:59 経営 | 『ブラックスワンの経営学』井上達彦 | コメント (0) | トラックバック

『社長の心得』小宮一慶


 ⇒『社長の心得』小宮一慶
   http://www.bizpnet.com/book/2014/09/shakoko.html
  『社長の心得』小宮一慶

-----------------------------------

■経営者の考え方

 小宮一慶氏の著書です。

 社長の心得ということで、経営者の考え方について書かれています。

 考え方を知りたい方が読まれると、参考になると思います。


▼ ここに注目 ▼

 「考え方を行動に落とし込み、その行動の結果を評価する。」(p.150)


■考え方と行動

 考えたことを行動に移す。

 そして、その結果を評価する。

 考え方を学ぶのは、行動し結果を出すためです。

 考え方で、行動と結果が変わってきます。

 学んで、行動して、成果を上げたいですね。


▼取り入れたいと思ったこと

 従業員に、仕事の意義、働く意義を感じてもらって働くようにする。

 これが大切ということです。

 仕事の目的や、役に立っていることなどを伝えると良いのでしょう。

 仕事の意義を伝えたいですね。


■社長の心得

 コンサルタントの小宮一慶氏が、社長の心得ということで、
 経営者の考え方について書かれています。

 社長の考え方、心得を知りたい方が読まれると、参考になると思います。

 読んでみてください。


-----------------------------------

 ▼ あわせて読みたい ▼

  『京セラフィロソフィ』稲盛和夫(著)
   http://www.bizpnet.com/book/2014/06/kyouphi.html
  


  『経営の見える化』小山昇(著)
   http://www.bizpnet.com/book/2009/09/keimi.html
  


 ▼ おすすめ度 ▼

   ★★★★☆(★4.3)

    コンサルタントの小宮一慶氏が、社長の心得ということで、
    経営者の考え方について書かれています。
    社長の考え方、心得を知りたい方が読まれると、参考になると
    思います。
    読んでみてください。

 ▼ おすすめしたい方 ▼

   社長の心得を知りたい方。
   経営者。


 ★『社長の心得』小宮一慶
   http://www.bizpnet.com/book/2014/09/shakoko.html
  『社長の心得』小宮一慶


Warning: include(/virtual/bizpnet2/public_html/konna.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/kobatano/bizpnet.com/public_html/tikara/category/cat_128.php on line 1264

Warning: include(): Failed opening '/virtual/bizpnet2/public_html/konna.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.2.20/data/pear') in /home/kobatano/bizpnet.com/public_html/tikara/category/cat_128.php on line 1264


★【今日の「本をチカラに!」】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇   考え方を行動に落とし込み、その行動の結果を評価する

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ ⇒ 行動の結果を評価していますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年9月23日 20:59 経営 | 『社長の心得』小宮一慶 | コメント (0) | トラックバック

『古代から現代まで2時間で学ぶ 戦略の教室』鈴木博毅


 ⇒『古代から現代まで2時間で学ぶ 戦略の教室』鈴木博毅
   http://www.bizpnet.com/book/2014/09/senkyou.html
  『古代から現代まで2時間で学ぶ 戦略の教室』鈴木博毅

-----------------------------------

■古代から現代までの戦略

 古代から現代までの3000年の歴史の中からの戦略を30個まとめている本です。

 戦略について、一冊で理解したいという方に便利な一冊です。


▼ ここに注目 ▼

 「状況こそが、常に最善手を決める」(p.38)


■戦略、戦術は状況に合ってこそ

 時代や状況に戦略が合ってこそ、成功する可能性が高まるという
 ことです。

 先に戦略ありきではないということがわかります。

 状況を把握した上で、戦略を選ぶ必要があるわけです。

 状況把握ができてこそ、戦略が生きてくる。

 そういうことですね。


▼取り入れたいと思ったこと

 いろいろな戦略が紹介されています。

 これらを状況に合わせて使えるようになると、成功しやすくなる
 と思いました。

 状況を考えて、戦略を使いたいものです。


■戦略の教室

 代表的な戦略が30個まとめられています。

 一冊で学ぶには短時間で学ぶことができるので良いですね。

 戦略を短時間で知りたい方が読まれると、参考になると思います。


-----------------------------------

 ▼ あわせて読みたい ▼

  『「戦略」大全』マックス・マキューン(著)
   http://www.bizpnet.com/book/2014/07/sentai.html
  


  『経営戦略全史』三谷宏治(著)
   http://www.bizpnet.com/book/2014/06/senzensi.html
  

 ▼ おすすめ度 ▼

   ★★★★☆

    代表的な戦略が30個わかりやすくまとめられています。
    一冊で学ぶには短時間で学ぶことができるので良いですね。
    戦略を短時間で知りたい方が読まれると、参考になると思います。

 ▼ おすすめしたい方 ▼

   戦略を学びたい方。
   経営者。


 ★『古代から現代まで2時間で学ぶ 戦略の教室』鈴木博毅
   http://www.bizpnet.com/book/2014/09/senkyou.html
  『古代から現代まで2時間で学ぶ 戦略の教室』鈴木博毅


Warning: include(/virtual/bizpnet2/public_html/konna.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/kobatano/bizpnet.com/public_html/tikara/category/cat_128.php on line 1401

Warning: include(): Failed opening '/virtual/bizpnet2/public_html/konna.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.2.20/data/pear') in /home/kobatano/bizpnet.com/public_html/tikara/category/cat_128.php on line 1401

★【今日の「本をチカラに!」】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇    状況こそが、常に最善手を決める

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ ⇒ 状況を把握していますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年9月 8日 20:59 経営 | 『古代から現代まで2時間で学ぶ 戦略の教室』鈴木博毅 | コメント (0) | トラックバック

『最高の戦略教科書 孫子』守屋 淳


 ⇒『最高の戦略教科書 孫子』守屋 淳
   http://www.bizpnet.com/book/2014/09/sensonsi.html
  『最高の戦略教科書 孫子』守屋 淳

-----------------------------------

■孫子

 戦略の本として、有名な一冊です。

 その「孫子」を解説している本です。

 とくに、現代のビジネスにおいてどうなのかということが、
 後半に書かれています。


▼ ここに注目 ▼

 「百回戦って百回勝ったとしてもそれは最善の策とはいえない。戦わない
  で敵を屈服させることこそが最善の策なのだ。」(p.032)


■戦わずして勝つ

 最善の策は、戦わずして勝つこと。

 必勝よりも、戦わないこと。

 これが大切ということです。

 戦うと消耗しますし、あとで遺恨が残るかもしれません。

 戦わないで勝つ。考えたいことですね。


▼取り入れたいと思ったこと

 中小企業が戦ってはいけないところが紹介されていました。

 価格、規模、品揃え。

 こういうところで戦ってはいけない。

 わかっている人にはわかっていることではありますが、
 違うところで競いたいものです。


■最高の戦略教科書 孫子

 戦略を学ぶための教科書として、「孫子」をどうやって読み解くことが
 できるか。

 このことが書かれています。

 現代のビジネスにおいて、孫子を活用したい。

 そういう方が読まれると、参考になると思います。


-----------------------------------

 ▼ あわせて読みたい ▼

  『経営戦略全史』三谷宏治(著)
   http://www.bizpnet.com/book/2014/06/senzensi.html
  


 ▼ おすすめ度 ▼

   ★★★★☆

    戦略を学ぶための教科書として、「孫子」をどうやって読み解く
    ことができるか。
    このことが書かれています。
    現代のビジネスにおいて、孫子を活用したい。
    そういう方が読まれると、参考になると思います。

 ▼ おすすめしたい方 ▼

   孫子から学びたい方。
   経営者。


 ★『最高の戦略教科書 孫子』守屋 淳
   http://www.bizpnet.com/book/2014/09/sensonsi.html
  『最高の戦略教科書 孫子』守屋 淳


Warning: include(/virtual/bizpnet2/public_html/konna.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/kobatano/bizpnet.com/public_html/tikara/category/cat_128.php on line 1541

Warning: include(): Failed opening '/virtual/bizpnet2/public_html/konna.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.2.20/data/pear') in /home/kobatano/bizpnet.com/public_html/tikara/category/cat_128.php on line 1541


★【今日の「本をチカラに!」】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇    戦わずして勝つ

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ ⇒ 戦わないで、勝利を勝ち取れるようにしていますか?

◆ ▼感じたことや考えたことなど、↓こちらに書いてみてください。
◆             ★ http://tikara.bizpnet.com/
◆  (コメントというところをクリックすると、コメントが書けます。)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2014年9月 5日 20:59 経営 | 『最高の戦略教科書 孫子』守屋 淳 | コメント (0) | トラックバック

『職場の人間科学』ベン・ウェイバー


 ⇒『職場の人間科学』ベン・ウェイバー
   http://www.bizpnet.com/book/2014/08/shokunin.html
  『職場の人間科学』ベン・ウェイバー

-----------------------------------

■職場の人間関係

 人間関係が大切とはよく言われます。

 たしかに、そうでしょう。

 本書では、職場の「人間関係」がどのように生産性などについて
 影響するのかということを、「科学的」なアプローチで読み解いています。


▼ ここに注目 ▼

 「ソシオメトリック・バッジがあれば、組織の重要な取り組み――たとえば
  ウォーター・サーバーの購入――がそれぞれのタイプのネットワークで
  どのような役割を果たすのかを正確に理解できるのだ。」(p.118)


■ソシオメーター

 人の行動を記録して、どのような人的ネットワークを作っているかを
 計測する。

 そこから、仕事の生産性などを測る。

 このようにデータから、職場のつながりを見つけ出して、
 仕事の改善を促すということが、本書では書かれています。


▼取り入れたいと思ったこと

 チームの生産性について、フェイス・トゥ・フェイスの職場の次に、
 最初に顔を合わせ、そのあと別々の場所で作業したチームも僅差だった
 そうです。

 フェイス・トゥ・フェイスは大切ですが、いつも顔を合わせなくても、
 生産性はそこまで変わらない。

 はじめと最後ぐらいに直接会って、あとはリモートでも仕事は
 進められるというのはありますね。

 会わなければ、仕事は進められないという考え方とは違う方法も
 あるということは、知っておきたいところです。


■職場の人間科学

 職場の人的ネットワークを計測して、生産性を高める。

 そういう取り組みについて書かれています。

 データを活用するという意味で、「ビッグデータ」の活用の一つでも
 あるようです。

 職場の生産性を高めたい方が読まれると、参考になると思います。


-----------------------------------

 ▼ あわせて読みたい ▼

  『人が「つながる」マネジメント』高橋克徳(著)
   http://www.bizpnet.com/book/2011/10/hitotuna.html
  


 ▼ おすすめ度 ▼

   ★★★★☆

    職場の人的ネットワークを計測して、生産性を高める。
    そういう取り組みについて書かれています。
    データを活用するという意味で、「ビッグデータ」の活用の一つでも
    あるようです。
    職場の生産性を高めたい方が読まれると、参考になると思います。

 ▼ おすすめしたい方 ▼

   職場の生産性を高めたい方。
   経営者。


 ★『職場の人間科学』ベン・ウェイバー
   http://www.bizpnet.com/book/2014/08/shokunin.html
  『職場の人間科学』ベン・ウェイバー


Warning: include(/virtual/bizpnet2/public_html/konna.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/kobatano/bizpnet.com/public_html/tikara/category/cat_128.php on line 1690

Warning: include(): Failed opening '/virtual/bizpnet2/public_html/konna.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.2.20/data/pear') in /home/kobatano/bizpnet.com/public_html/tikara/category/cat_128.php on line 1690

★【今日の「本をチカラに!」】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇    データから、職場のつながりを見つけ出して、仕事の改善を促す

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ ⇒ データを活用していますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年8月25日 20:59 経営 | 『職場の人間科学』ベン・ウェイバー | コメント (0) | トラックバック

『まっすぐ バカ正直に やり続ける。』豊崎 賢一


 ⇒『まっすぐ バカ正直に やり続ける。』豊崎 賢一
   http://www.bizpnet.com/book/2014/08/bakatudu.html
  『まっすぐ バカ正直に やり続ける。』豊崎 賢一

-----------------------------------

■スシローの哲学

 回転寿司のスシロー。

 その社長の豊崎賢一氏の著書です。

 スシローの経営哲学について書かれています。


▼ ここに注目 ▼

 「創業者・清水の言葉も後押ししました。
  「しょせん、ひとりでは何もできん」
  彼は常々、そう言っていました。わからないことがあったら、
  専門家に聞きにいく。困ったら、助けを求めろ、ということです。」
                            (p.149)


■困ったら、助けを求めろ

 ひとりでは、たいしたことはできない。

 うまくいかなかったり、わからないことがあったりと、困ったときは
 助けを求める。

 自分で考える。工夫する。そういうことも、もちろん大切ですが、
 人の力を借りるということも大切ですね。

 ファンドに経営の改善を要求されたときに、こういうことを考えた
 ということです。

 その後の改善につながることになったということです。


▼取り入れたいと思ったこと

 行動ほど雄弁なものはない。

 言葉だけでは、それが本当なのかどうかはわからないところがあります。

 行動で示せば、本当ですよね。見てわかります。

 行動を大切にしたいですね。


■まっすぐ バカ正直に やり続ける。

 スシローの哲学が書かれています。

 正直に言うと、書かれていることは当たり前のことが多いです。

 ただ、それをしっかりと行っている。そして、続けている。

 まさに、「まっすぐ、バカ正直にやり続ける」ということです。

 スシローから学びたい方が読まれると、参考になると思います。

-----------------------------------

 ▼ あわせて読みたい ▼

 『京セラフィロソフィ』稲盛和夫(著)
  http://www.bizpnet.com/book/2014/06/kyouphi.html
 


 ▼ おすすめ度 ▼

   ★★★★☆(★4.3)

    スシローの哲学について、社長の豊崎賢一氏が書かれています。
    スシローが、ここまでどうやって成功してきたのか。
    その考え方などを知ることができます。
    スシローから学びたい方が読まれると、参考になると思います。

 ▼ おすすめしたい方 ▼

   スシローから学びたい方。
   経営者。


 ★『まっすぐ バカ正直に やり続ける。』豊崎 賢一
   http://www.bizpnet.com/book/2014/08/bakatudu.html
  『まっすぐ バカ正直に やり続ける。』豊崎 賢一


Warning: include(/virtual/bizpnet2/public_html/konna.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/kobatano/bizpnet.com/public_html/tikara/category/cat_128.php on line 1835

Warning: include(): Failed opening '/virtual/bizpnet2/public_html/konna.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.2.20/data/pear') in /home/kobatano/bizpnet.com/public_html/tikara/category/cat_128.php on line 1835


★【今日の「本をチカラに!」】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇    困ったら、助けを求めろ

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ ⇒ 困ったら、助けを求めていますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年8月 8日 20:59 経営 | 『まっすぐ バカ正直に やり続ける。』豊崎 賢一 | コメント (0) | トラックバック

『上司の言い分 部下の言い分』濱田 秀彦


 ⇒『上司の言い分 部下の言い分』濱田 秀彦
   http://www.bizpnet.com/book/2014/08/jyoubuka.html
  『上司の言い分 部下の言い分』濱田 秀彦

-----------------------------------

■上司と部下

 上司と部下。立場が違うだけですが、お互い相手に言いたいことは、
 かなり違うものかもしれません。

 本書では、上司と部下の言い分について、それぞれの立場からどういう
 ことが言えるのか、そして、どうしたら良いのかについて
 書かれています。


▼ ここに注目 ▼

 モチベーションを高める責任は、上司・部下のどちらにある?

 「すべて上司にかかっているのですから、モチベーション向上は
  マネジメントの一環として考えるべきものなのです。」(p.162)


■モチベーションは、上司の責任

 部下のモチベーションをあげるのは、上司の責任ということです。

 部下が仕事をするかどうかは、上司の責任ということだと思います。

 だから、どうやって部下がやる気になるかを考える必要がある
 とのことです。

 だからといって、部下は部下でやる気がないことを上司のせいに
 していても、いい仕事ができることも、成長することもないでしょう。

 部下がビジネスパーソンとして成長するのは、自己責任でもあるわけ
 です。

 自分でやる気にならないと、成長できなくて、結局自分の成長に
 悪い影響があるということです。


▼取り入れたいと思ったこと

 お互いの立場や役割はあるものの、協力して成果を上げていくことが
 大切ということがわかります。

 ここを理解して、必要なことを行っていく。

 これができるかどうかが、お互いにとって大切なのですよね。


■上司の言い分 部下の言い分

 上司の言い分と部下の言い分が書かれています。

 それぞれについて、どうしたら良いのかということも書かれています。

 ビジネスパーソンとして、どのように考えて行動すると良いかが
 わかると思うので、読んでみてください。

-----------------------------------

 ▼ あわせて読みたい ▼

  『上司を使い倒す50の極意』田中 和彦(著)
   http://www.bizpnet.com/book/2014/06/joutuka.html
  


 ▼ おすすめ度 ▼

   ★★★★☆(★4.3)

    上司の言い分と部下の言い分が書かれています。
    それぞれについて、どうしたら良いのかということも書かれています。
    ビジネスパーソンとして、どのように考えて行動すると良いかが
    わかると思うので、読んでみてください。

 ▼ おすすめしたい方 ▼

   ビジネスパーソンとしてどうすると良いかを考えたい方。
   ビジネスパーソン。


 ★『上司の言い分 部下の言い分』濱田 秀彦
   http://www.bizpnet.com/book/2014/08/jyoubuka.html
  『上司の言い分 部下の言い分』濱田 秀彦


Warning: include(/virtual/bizpnet2/public_html/konna.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/kobatano/bizpnet.com/public_html/tikara/category/cat_128.php on line 1979

Warning: include(): Failed opening '/virtual/bizpnet2/public_html/konna.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.2.20/data/pear') in /home/kobatano/bizpnet.com/public_html/tikara/category/cat_128.php on line 1979


★【今日の「本をチカラに!」】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇    モチベーションは、上司の責任

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ ⇒ モチベーションは、ありますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年8月 6日 20:59 経営 | 『上司の言い分 部下の言い分』濱田 秀彦 | コメント (0) | トラックバック

『沈みゆく帝国』ケイン岩谷ゆかり


 ⇒『沈みゆく帝国』ケイン岩谷ゆかり
   http://www.bizpnet.com/book/2014/08/sizutei.html
  『沈みゆく帝国』ケイン岩谷ゆかり

-----------------------------------

■Apple

 Appleについての本です。

 スティーブ・ジョブズ氏の死後、Appleは、革新的な商品を発売
 できていないのではないか。

 今後、どうなるのか、ということについて書かれています。


▼ ここに注目 ▼

 「アップルは世界を再発明しようとしていない。ほろ馬車で円陣をつくり、
  守りを固めている状態だ。」(p.494)


■アップルは、革新的な商品を発売できるのか?

 ジョブズ氏の死後、新しい商品カテゴリーは作られていません。

 守りを固めている状態です。

 もし、この状況を打破することがあるとしたら、新しいカテゴリーの
 商品が登場するときでしょう。

 もちろん、それが成功するかどうかは、発売されてからしばらくあとで
 ないとわからないことではありますが。

 そして、そのような商品の発売がこの秋にあるのではないか、という
 噂があります。

 このことについては、本書では触れられていませんし、あくまで噂
 ではありますが。


▼思ったこと

 新カテゴリーの商品が成功するかどうか。

 アップルが今後、革新的な企業であると思われるには、
 これが必要なのだということがわかります。

 業績が好調であるにもかかわらず、それだけでは、革新的とは思われない。

 新カテゴリーの商品が成功するかどうかということなのだと思います。


■沈みゆく帝国

 Appleの今までとこれからについて書かれています。

 Appleがこれからどうなるのかを考えたい方が読まれると、興味深く
 読むことができると思います。

 Appleの今後に興味がある方は読んでみてください。


-----------------------------------

 ▼ あわせて読みたい ▼

  『アップルvs.グーグル: どちらが世界を支配するのか』
   フレッド・ボーゲルスタイン(著)
   http://www.bizpnet.com/book/2014/02/googleapple.html
  


 ▼ おすすめ度 ▼

   ★★★★☆

    Appleの今までとこれからについて書かれています。
    Appleがこれからどうなるのかを考えたい方が読まれると、興味深く
    読むことができると思います。
    Appleの今後に興味がある方は読んでみてください。

 ▼ おすすめしたい方 ▼

   Appleの今後について考えたい方。
   経営者。


 ★『沈みゆく帝国』ケイン岩谷ゆかり
   http://www.bizpnet.com/book/2014/08/sizutei.html
  『沈みゆく帝国』ケイン岩谷ゆかり


Warning: include(/virtual/bizpnet2/public_html/konna.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/kobatano/bizpnet.com/public_html/tikara/category/cat_128.php on line 2123

Warning: include(): Failed opening '/virtual/bizpnet2/public_html/konna.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.2.20/data/pear') in /home/kobatano/bizpnet.com/public_html/tikara/category/cat_128.php on line 2123


★【今日の「本をチカラに!」】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇    アップルは、革新的な商品を発売できるのか?

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ ⇒ アップルは、革新的な商品を発売できるのか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年8月 5日 20:59 経営 | 『沈みゆく帝国』ケイン岩谷ゆかり | コメント (0) | トラックバック

『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?』上阪徹(著)


 ⇒『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?』上阪徹(著)
   http://www.bizpnet.com/book/2014/07/seinaze.html
  『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?』上阪徹(著)

-----------------------------------

■成城石井

 高級スーパーと言われる、成城石井。

 その成城石井が選ばれる理由について、本書では書かれています。


▼ ここに注目 ▼

 「興味深いのは、儲けよう、という発想ではなかったことだ。本当に
  おいしいもの、こだわったものをとことん突き詰めよう、というところ
  から、成城石井は品揃えを考えた。それが結果として、他社が真似
  できない仕組みや品揃えにつながったのだ。
」(p.34)


■お客様に満足してもらうために

 このようなことを行ったのは、お客様に満足してもらうために行った
 ということです。

 本書では、様々な成城石井のこだわりが紹介されています。

 そこまでこだわる理由は、お客様の満足のためにということです。

 お客様の満足がスタートとしてあるということですね。


▼取り入れたいと思ったこと

 基本の大切さが繰り返し出てきています。

 基本ができないと、お客様の満足にはまったく届かないでしょう。

 だから、基本がまずは大切で、そして、ここに戻るということです。

 基本を大切にしていきたいと思っています。


■成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?

 成城石井が選ばれる理由。

 本書では、他のスーパーと違うところがわかります。

 成城石井が選ばれる理由を知りたい方、仕事について考えたい方が
 読まれると参考になると思います。


-----------------------------------

 ▼ あわせて読みたい ▼

  『世界でいちばん大切にしたい会社 コンシャス・カンパニー』
   http://www.bizpnet.com/book/2014/06/sekaiti.html
  


 ▼ おすすめ度 ▼

   ★★★★☆

    成城石井が選ばれる理由。
    本書では、他のスーパーと違うところがわかります。
    成城石井が選ばれる理由を知りたい方、仕事について考えたい方が
    読まれると参考になると思います。

 ▼ おすすめしたい方 ▼

   成城石井から学びたい方。
   経営者。


 ★『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?』上阪徹(著)
   http://www.bizpnet.com/book/2014/07/seinaze.html
  『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?』上阪徹(著)


Warning: include(/virtual/bizpnet2/public_html/konna.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/kobatano/bizpnet.com/public_html/tikara/category/cat_128.php on line 2258

Warning: include(): Failed opening '/virtual/bizpnet2/public_html/konna.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.2.20/data/pear') in /home/kobatano/bizpnet.com/public_html/tikara/category/cat_128.php on line 2258

★【今日の「本をチカラに!」】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇    お客様に満足してもらうために

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ ⇒ お客様に満足してもらうために仕事をしていますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年7月31日 20:59 経営 | 『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?』上阪徹(著) | コメント (0) | トラックバック

『<チーム編>教える技術 行動科学で成果が上がる組織をつくる!』石田 淳(著)


 ⇒『<チーム編>教える技術 行動科学で成果が上がる組織をつくる!』
   石田 淳(著)
   http://www.bizpnet.com/book/2014/07/ositeam.html
  『<チーム編>教える技術 行動科学で成果が上がる組織をつくる!』石田 淳(著)

-----------------------------------

■<チーム編>教える技術

 『教える技術』のチーム編です。
  http://www.bizpnet.com/book/2011/06/osigi.html

 チームが機能するためにどう教えるか?ということなどについて
 書かれています。


▼ ここに注目 ▼

 「組織で働くすべての人に共通する"信頼できる上司の条件"という
  ものが存在します。それは、
  ・自分のことをしっかり見ていて、成長を願ってくれている上司
  ・自分の存在を認め、成長を願ってくれている上司
  この二点に集約できると、私は考えています。
」(p.034)


■信頼できる上司の条件

 こういう上司が信頼できるのではないかということです。

 成長を考えている上司ということですね。

 そのために、行動を見て、必要なことを何かを一緒に考える。

 そういうことができる上司が信頼されるのでしょう。


▼取り入れたいと思ったこと

 どういう行動を取るか。

 ここを考えて、実際にできているか確かめる。

 この大切さを伝える、教える。

 上司が行う必要があることは、こういうことだと思いました。


■教える技術

 チームにしても、個人にしても、教えるための考え方の基本は変わらない
 と思います。

 チームを教える技術を知りたい方が読まれると、参考になると思います。

 読んでみてください。


-----------------------------------

 ▼ あわせて読みたい ▼

  『行動科学を使ってできる人が育つ!教える技術』石田淳(著)
   http://www.bizpnet.com/book/2011/06/osigi.html
  

 ▼ おすすめ度 ▼

   ★★★★☆

    チームとして機能するための教える技術について書かれています。
    チームを教える技術を知りたい方が読まれると、参考になると
    思います。
    読んでみてください。

 ▼ おすすめしたい方 ▼

   チームを機能させたい方。
   経営者、マネジャー。


 ★『<チーム編>教える技術 行動科学で成果が上がる組織をつくる!』
   石田 淳(著)
   http://www.bizpnet.com/book/2014/07/ositeam.html
  『<チーム編>教える技術 行動科学で成果が上がる組織をつくる!』石田 淳(著)


Warning: include(/virtual/bizpnet2/public_html/konna.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/kobatano/bizpnet.com/public_html/tikara/category/cat_128.php on line 2397

Warning: include(): Failed opening '/virtual/bizpnet2/public_html/konna.php' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.2.20/data/pear') in /home/kobatano/bizpnet.com/public_html/tikara/category/cat_128.php on line 2397

★【今日の「本をチカラに!」】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇    信頼できる上司は、成長のために、行動を見て、必要なことを
◇    何かを一緒に考える

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ ⇒ あなたが信頼できる上司は?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年7月29日 20:59 経営 | 『<チーム編>教える技術 行動科学で成果が上がる組織をつくる!』石田 淳(著) | コメント (0) | トラックバック

 1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  |  27  |  28  |  29  |  30  |  31  |  32  |  33  |  34  |  35  |  36  |  37  |  38  |  39  | All pages