ホーム | メルマガ登録・詳細 | このブログについて | 独立起業ビジネスブログ日記 | メルマガ広告掲載のお問合せ


トップページ > 【書評・感想文】 スキルアップ > 『アイデアパーソン入門』加藤昌治(著)

■ビジネス書で得た、知識を活用できる力がつく! 
 このブログは、メルマガ「知識をチカラに!」のバックナンバーブログです。
 ▼知識を活用できたら、という方は → 「知識をチカラに!」

【メルマガ登録】 (無料)まぐまぐ殿堂入りメルマガ

ビジネスパーソン、起業家、経営者の方へ。ビジネス書で得た、知識を活かす力がつく!毎回「1つの有益な情報」と「1冊の価値あるビジネス書」を紹介するビジネスメルマガ。
メールアドレス:

▼前の記事:« なぜ「世界の王さん」には皆がついていくのか
■トップページ:ビジネス書評・ビジネス誌・メルマガブログ:「知識をチカラに!」
▼次の記事: 志位和夫氏・日本共産党委員長「志位和夫が語るルールある資本主義とは」 »


『アイデアパーソン入門』加藤昌治(著)


 ⇒『アイデアパーソン入門』加藤昌治(著)
   http://www.bizpnet.com/book/2009/01/ideap.html

-----------------------------------

■アイデアは、ないよりあったほうが良いでしょう。

 とくに、必要なときに良いアイデアが浮かぶと良いですよね。

 そういうのは、才能のなせる業という面もあるでしょうが、
 アイデアをより出しやすくするための、考え方や方法というのも存在して
 います。


■本書は、『考具』などの著者、加藤昌治氏による著書です。

 本書では、アイデアパーソンになるための基本や考え方などについて
 書かれています。

 これから、アイデアパーソンになりたいという方が、読まれると参考になる
 と思います。

 『考具』とあわせて読まれると良いと思います。
  http://www.bizpnet.com/book/2009/01/kougu.html


▼ ここに注目 ▼

 「体験と知識を自分ごと化する技を「たぐる」と名付ける」(p.88)

■「自分ごと化」するとは、自分自身の事柄として、対象と向き合えること
 だそうです。

 他人事ではなく、自分のこととして考えるということでしょう。

 これが、アイデアを出すための一つの考え方ということです。


■やはり、自分のこととして考えられると、真剣さは、増します。

 ですから、自分のこととして、興味を持って考えると、
 アイデアは出しやすくなるという面があると思います。

▼取り入れたいと思ったこと

 アイデアから、さらに企画にする際についての考え方などが、
 本書では、少しですが、触れられています。

 アイデアを「企画」にできると、人を巻き込むことが容易になると思います。

 このあたりを、今後は、さらに意識したいなと思いました。

■アイデアが出やすくなる方法や考え方というものがあります。

 そういうことを知っていると、アイデアが出やすい人になっていけると
 思います。

 アイデアパーソンになりたい人が、読まれると、ヒントや参考になることが
 見つかると思います。

-----------------------------------

 ▼ おすすめ度 ▼

   ★★★★☆

    本書は、『考具』などの著者、加藤昌治氏による著書です。
     http://www.bizpnet.com/book/2009/01/kougu.html
    本書では、アイデアパーソンになるための基本や考え方などについて
    書かれています。
    アイデアパーソンになりたい方や発想法の基本などについて知りたい
    方が読まれると良いと思います。
    『考具』などと読まれると、参考になると思います。


 ▼ おすすめしたい方 ▼

   アイデアパーソンになりたい方。
   アイデアを出す方法、考え方を知りたい方。


 ▼ あわせて読みたい ▼

  『アイデアのちから』チップ・ハース(著),ダン・ハース(著)
   http://www.bizpnet.com/book/2008/12/aitika.html

  『大人の宿題―発想以前の発想法!』山名宏和(著)
   http://www.bizpnet.com/book/2008/01/otona.html

  『佐藤可士和の超整理術』佐藤可士和(著)
   http://www.bizpnet.com/book/2007/10/satouka.html

 ★『アイデアパーソン入門』加藤昌治(著)
   http://www.bizpnet.com/book/2009/01/ideap.html
  『アイデアパーソン入門』加藤昌治(著)


Warning: include(): http:// wrapper is disabled in the server configuration by allow_url_include=0 in /home/kobatano/bizpnet.com/public_html/tikara/skillup/003338.php on line 302

Warning: include(http://www.bizpnet.com/konna.php?asin=4062820994): failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /home/kobatano/bizpnet.com/public_html/tikara/skillup/003338.php on line 302

Warning: include(): Failed opening 'http://www.bizpnet.com/konna.php?asin=4062820994' for inclusion (include_path='.:/opt/php-7.2.20/data/pear') in /home/kobatano/bizpnet.com/public_html/tikara/skillup/003338.php on line 302

★【今日の「本をチカラに!」】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇    「たぐる」ことで、アイデアを出しやすくする

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ ⇒ アイデアパーソンになるために、何をしていますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

>>2011年上半期 おすすめビジネス書 ←おすすめのビジネス書です。

>>情報を速く読みたい方は、簡単速読術

メルマガに登録 ビジネス書書評メルマガ:「知識をチカラに!」
メールアドレス:

友人にメールでこの記事をすすめる


▼前の記事:« なぜ「世界の王さん」には皆がついていくのか
■トップページ:ビジネス書書評・ビジネス誌・メルマガブログ:「知識をチカラに!」
▼次の記事: 志位和夫氏・日本共産党委員長「志位和夫が語るルールある資本主義とは」 »


【書評・感想文】 スキルアップ のその他の記事
『自分の言葉で語る技術』川上 徹也 (著)
『自分を広告する技術』佐藤 達郎(著)
『TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルール』小熊弥生(著)
『「センスいいね!」と言われる人の思考術』トミタ・ジュン (著)
『ラクに書けて 通る企画書 77のルール』富田 眞司(著)

■さらに、知識を増やしたい方は、メルマガにご登録を!
 このブログは、メルマガ「知識をチカラに!」のバックナンバーブログです。
 ▼知識を活用できたら、という方は → 「知識をチカラに!」

【メルマガ登録】 (無料)

「知識をチカラに!」 情報社会を生き抜くために
ビジネスパーソン、起業家、経営者の方へ。ビジネス書で得た、知識を活かす力がつく!毎回「1つの有益な情報」と「1冊の価値あるビジネス書」を紹介するビジネスメルマガ。
メールアドレス:
ビジネス書評:「知識をチカラに!」

2009年1月22日 16:59 | 【書評・感想文】 スキルアップ | 『アイデアパーソン入門』加藤昌治(著) 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tikara.bizpnet.com/mt3/mt-tb.cgi/3327

記事に関係のないトラックバック、宣伝などは、ご遠慮ください。
TBには、言及リンクが必要です。

このリストは、次のエントリーを参照しています: 『アイデアパーソン入門』加藤昌治(著):

» アイデアパーソン入門 from 蔵前トラックⅡ
アイデアパーソン入門 (講談社BIZ)加藤 昌治 講談社 2009-01-08売 [続きを読む]

トラックバック時刻: 2011年11月23日 22:49

コメント

コメントしてください


(必須)


(必須)


この情報を登録する

コメントを投稿する際は、名前(ニックネーム可)とメールアドレスを入力してください。
メールアドレスは、管理人にのみ通知されます。

マイナスのコメントや誹謗中傷、宣伝などは、ご遠慮ください。 予告なく削除・変更することがあります。



▼前の記事:« なぜ「世界の王さん」には皆がついていくのか
■トップページ:ビジネス書書評・ビジネス誌・メルマガブログ:「知識をチカラに!」
▼次の記事: 志位和夫氏・日本共産党委員長「志位和夫が語るルールある資本主義とは」 »